読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアリズムと防衛ブログ

防衛ってそういうことだったのかブログ。国際関係論や安全保障論について、本の感想などを書いています。

1944年のポーランドで日本人であることー 「また、桜の国で」須賀しのぶ著

読んだ本

また、桜の国で

 

久しぶりに面白い歴史小説を読んだので、感想を書きます。

この小説の舞台は、ポーランドの首都ワルシャワ。主人公たちが生きる時代は1939年から1944年。それだけ聞いて「あ、これは・・・」と思った方は、この記事を最後まで読むまでもなく、本書を買うべきです。

1939年といえば、第二次世界大戦が始まった年。1944年はノルマンディー上陸作戦の年。この小説はWW2のどまんなかを書いています。

そして舞台はポーランド。よりによって。第二次世界大戦中のポーランド。開戦直後にドイツ軍に蹂躙され、独ソ両国により分割。終戦前にはソ連軍に引き潰され、そのまま東側陣営に組み込まれる悲運の国です。

中で最大の悲運に見舞われた場所を一つあげるなら、それが首都ワルシャワです。44年、ソ連軍がドイツ軍を破って近づいてくると、ワルシャワで市民たちが蜂起しました。内から蜂起軍が、外からソ連軍が呼応してドイツ軍を追い払おうという算段です。しかし頼みのソ連軍は、その猛進に急ブレーキをかけ、停止。市民たちはドイツ軍と血みどろの戦いの末に敗北し、街は廃墟となります。

そんな、どう足掻いてもハッピーエンドにはなりそうもない場所と時代の話です。

差別はどう起こるか

戦争、差別、人種といった難しいテーマを、著者は端的な筆致で描いていきます。その例をひとつ挙げるなら、差別です。ドイツに占領されたポーランドでは、ナチス式の人種政策が敷かれます。昨日までポーランド人であった人々が、人種により分断されます。

その中で主人公がユダヤ人女性を手助けしたとき、ポーランド人の女性がこう言います。

「信じて、私たちは反ユダヤ主義者なんかじゃない。あの人たちだってポーランド人だって思っているの。でも、彼女を見た時、まっさきに思ったのは、なぜここにいるのってことだった」(p191)

彼女はユダヤ人女性をほんのすこし助けることで、自分たちが巻き込まれることを恐れ、それをまっさきに考えてしまったことを恥じています。

差別は、差別者が多数を占めたから起こるのではありません。少数の差別者が、少数の被差別者を迫害し始めたときに、残った多数の者が自己保身に走ったから起こるのです。

本書はこのように、さまざまな時代の風景を端的に描写していきます。説教臭くはなく、過度に強調もせず、淡々と。奇をてらった小説的な表現が不要なのは、事実の方が異常だからです。

異邦人たちのアイデンティティ

ユダヤ人たちが国家を持たない少数者であったように、この物語の主な登場人物たちもみな少数者です。国家、人種、そして民族主義が最も台頭した時代に、自分が何者であるかに確信を持てない人々です。

なおこの設定、この舞台で、主人公は日本人です。

1944年のワルシャワで、日本人が何をするのでしょう? なぜそんな時、そんな場所に立っているのでしょう?

主人公に言わせれば、その答えの一端は、自分は日本人だから、というもの。なぜそれが答えになるのかは、読み進むうちに分かるでしょう。

どう足掻いても悲劇にしかならなそうな設定で始まる物語の週末は、涼やかなものでした。

今年、一番お勧めしたい物語です。

 

また、桜の国で

また、桜の国で

 

 

とりあえず、この1冊を読んでおけば。「安全保障入門」

読んだ本
安全保障入門 (星海社新書)

安全保障入門 (星海社新書)

 

 本書は安全保障に関するさまざまなトピック、概念をひとつひとつ丁寧に解説した入門書です。安全保障に関連する国際政治や防衛のトピックについて、専門書を買って勉強するほどではないけど、何となく興味はあるし、ちゃんと知りたい、という人に好適です。

本書の良いところ…手に入りやすい入門書で、類書がない

「安全保障」と呼ばれる領域について入門書を書くというのは、すごいことです。「安全保障」領域は「戦略学」や「平和学」などに比べ、とても幅の広いものだからです。だからその類の入門書は、分厚くて値段が高くなりがちです。

例えば「安全保障ってなんだろう」「新訂第4版 安全保障学入門」「安全保障のポイントがよくわかる本―“安全”と“脅威”のメカニズム」等はどれも良質な入門書で、「よし、勉強するぞ」という人には好適です。でも、別に専門的に勉強するほど興味はないけど、ニュースを見たりしてちょっと気になってる…という人には、重たすぎます。

その点、本書は新書で、手に入り易く、平易な言葉で丁寧に書かれています。その上、「安保法制が通れば明日にも戦争が起こる」とか「憲法を改正しないと直ちに中国が攻めてくる」とか、そういう著者の意見が先に立った本ではありません。著者の意見は抑えに抑えて、ひとつひとつのトピックを丁寧に解説した貴重な本です。

本書の物足りないところ

本書は、「安全保障の論理」「戦争の論理」「平和の論理」「世界の諸問題」「日本の安全保障問題」に分け、さまざまなトピックや用語を幅広く解説するスタイルです。

一方で、本全体を通じての流れは希薄です。これは今日の安全保障領域が拡散しているためでもあるのですが、一つのトピックから次、また次と移行する際の前後の関係が見えづらいように思われます。

また「それが何であるか」について丁寧に書かれているのですが、「なぜそうなったのか」についてはあまり触れられていません。もっとも、そこまで掘り下げていては紙幅の問題が生じるのかもしれません。

新書という分量の制限を踏まえた上でも「これは入れて欲しかった」と思うのが、いわば「国家の論理」の章です。

本書は、国際社会の最も基本的なアクターが主権国家であり、それぞれが武装していて、時に衝突する、世界とはそういうもんだ、ということを前提にしています。ここで「そもそも何で?」「おかしいじゃないか」と思う人は、その点がひっかかりになり、本書の筋道にうまく乗れないかもしれません。また、「国家主権」、「民族自決」といった話をしないままでは、「人道的介入」や「コソボ独立」「クリミア併合」といったトピックの衝撃性を伝えるのが難しいように思います。

そこで、現代の主権国家及び国際社会がどのようなものであるかを解説する章があれば、他の章がより生きたのではないかと思います。

とはいえ、それらは「欲を言えば」という話であり、本書の社会的な重要性を損ねるものではありません。

高まる安全保障の重要性

日本に暮らす人にとって、安全保障の重要性は日ごとに高まるばかりです。先年の安保法制論争を思い出すまでもなく、テレビをつければ尖閣諸島だ、弾道ミサイルだ、南シナ海だと、数ヶ月に1度くらいは安全保障の大きなニュースがでてきます。

 

だから、安全保障上の話題や用語・・・例えば「集団的自衛権」、「ミサイル防衛」「武器輸出」といった話題を何となく聞いたことがある人は少なくないでしょう。もう少し興味のある人は「勢力均衡」や「地政学」といったマニアック専門的な用語がでてくる解説記事や本を読んだことがあるかもしれません。

ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授は、「安全保障は酸素のようなものである。失ってみたときに、はじめてその意味がわかる」(Security is like oxygen. You do not notice it until you begin to lose it.)と言っています。最近の日本では安全保障のニュースを目にすることが増えているとすれば、「酸素」のようにあって当たり前、なくてはならない安全保障が、失われる恐れが高まっているのかもしれません。

リテラシー・レベルの安全保障理解が必要

安全保障については、テレビに呼ばれるような知識人や、新聞記者の方でも基本的なアイデアや歴史をよく理解していなかったりするなど、きちんとした議論をできる人が不足しています。

本書のような、基本的なアイデアや用語を一つ一つ丁寧に書いた本を読み終えた人は、巷間に出回っているやたら恐怖や怒りを煽るような議論を、冷静に眺めることができるようになるでしょう。

本書を読んでイキナリ詳しい人になれるわけではないけれど、「安全保障というのはこういうことを考えている分野なんだ」「ニュースにでてくるあの用語はこういう意味なんだ」ということがある程度は分かるように、分かった上で自分で考えることができるようになるでしょう。

そういった市民としての教養、リテラシーのレベルの安全保障理解を多くの人が持てば、日本の安全保障論議ももっと地に足がついた、建設的なものになっていくのではないでしょうか。

その意味で、本書は多くの人に読まれてほしい本だと思います。

 

安全保障入門 (星海社新書)

安全保障入門 (星海社新書)

 

 

読んだ本「英EU離脱 どう変わる日本と世界」

読んだ本

 

英EU離脱 どう変わる日本と世界 経済学が教えるほんとうの勝者と敗者

英EU離脱 どう変わる日本と世界 経済学が教えるほんとうの勝者と敗者

 

 欧州経済の近況まとめ本

安達誠司氏の新刊を読み終えました。書名では「英国のEU離脱」に焦点があたっていますが、本の内容はその他の諸点も含めた「最近の欧州経済に関するトピック全部載せ」です。最近話題になった各種の大ニュースを著者の明快な論理で解釈し、そこから今後の欧州経済のゆくえと日本への影響を予測しています。

書名から、英国のEU離脱問題の解説書だと思って買った人がいれば、論点が様々に移ることに戸惑うかもしれません。

また、編集と校閲が不十分であり、本としては生煮えな印象です。急いで作った本だからでしょう。

本としては生煮えな印象

編集が行き届いていない印象を受けます。様々なトピックに議論が拡散し、内容が散漫です。各章の論理的なつながりが不均一で、まとまりに欠けます。

本書と同じく欧州経済を取り上げた過去作「ユーロの正体 通貨がわかれば、世界が読める」が、多角的にユーロの抱える問題を明らかにしていました。そのため、古い新書でありながら、ユーロが存続する限りいつまでも古びない価値を持った本です。

比べて本書は、「最近のトピックと、そこから考えられるごく近い未来の予測」であり、賞味期限の短い本になってしまっています。

例えば円高の原因や為替の均衡点などへの言及を大部分割愛して別の本にし、英国とEU経済への議論に焦点を絞るなど、企画段階で内容を絞り込んだ方が良い本になったのではないかと思います。

論旨は明快だが、文が不明瞭

文章に推敲、校閲の手が入りきっておらず、全体的に読み辛い文章になっています。例えばドイツ経済に関する以下の段落です。

ドイツが国際貿易において高い競争力を有する産業は自動車や機械であるが 、この多くは日本企業と競合する分野である 。例えば自動車産業のプレゼンスをみると 、日本企業と比較して 、ドイツ企業 (フォルクスワ ーゲンや B M Wなど )のプレゼンスが圧倒的に高い 。これは日中関係が冷え込んでいることも影響しているが 、それよりも 、為替レ ートの要因が強いように思える 。すなわちドイツにとって 「ユ ーロ危機 」の影響は 、経済にとってはプラスに作用してきたのだ 。

青字部分は、「中国市場における」という限定が抜けています。この段落だけ見ると、世界市場でドイツ企業のプレゼンスが圧倒的なように読めます。

もちろん、この前段落からの流れ、青字部分の次の文で日中関係に言及していること及び青字部分の内容から「中国市場の話をしているのだろうな」ということは考えればすぐに分かります。

しかし、前後の文脈を酌まねば誤読しかねない文の作りであり、不親切です。このような作り込みの甘い文や段落が散見されるため、すらすらとは頭に入らない本になってしまっています。

著者の論理は極めて明快なのに、文のつくりの不明瞭なため、読み難い本になっています。

にも関わらず、買ってよかった理由は著者

私は安達誠司氏の本は「デフレは終わるのか」以降みな買っており、その議論と視点を努めてリアルタイムに追いかけたい識者の一人だと考えています。

その観点からすると、論点があちこちにいくのは著者の最近の思考に幅広く触れられるのはメリットになります。

また、欧州の国際関係には興味はないが、それが今後の経済に与える影響を手早く知りたい、という人には勧められます。

ただし、過去作を読んでいない人は、同じく欧州経済について論じた「ユーロの正体」と併せて読むことをお勧めします。

 

ユーロの正体 通貨がわかれば、世界が読める

ユーロの正体 通貨がわかれば、世界が読める